フィギュア01

フィギュア02

お問合せ info@figure-next.com

2017年4月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

レビュー記事ランキング

最近のフィギュアレビュー

月別記事一覧

メーカー別記事一覧

作品別記事一覧

カテゴリー

売れ筋ランキング

バットマン 1966年TVシリーズ ムービー・マスターピース バットマン

IMG_2197

バットマン1966年TVシリーズ ムービー・マスターピース バットマン

個人的評価:★★★★★ 5/5

メーカー ホットトイズ
発売日 2014年4月
原型制作  K.A.キム/パク・ジョンヒョク
スケール  高さ約30センチ
材質  
セット内容 本体・差し替えパーツ・武装等
定価 19,800円(税込)

 

本日はホットトイズのバットマン 1966年TVシリーズよりバットマンのレビューをします。

アダム・ウェスト演じるバットマンがコミカルに動き回るこのTVシリーズ。見たことある人のほうが少ないのではないでしょうか。

違った意味で面白い作品ですので、機会があればぜひご覧になることをおすすめします。

それではレビューへまいりましょう。

 

・パッケージ

IMG_2162

パッケージはロビンと同じくイラストが描かれております。装飾もバットマンのカラーにあわせた色。

IMG_2163

こちらもロビンと同じくバットシグナルが。

 IMG_2165

ここもロビンとおなじ。

ただ文字がロビンの「HOLY COLLECTIBLE FIGURE」ではなく、「CALLING BATMAN」に。

 IMG_2164

 

・本体

IMG_2166 IMG_2167 IMG_2168 IMG_2169

4アングルからの撮影。

特徴的なのはバットマンのマスクに眉毛がかかれていること、鼻が出ていること、そしてマントで隠れてしまってますが筋肉質ではないこと。

劇中のコメディ感をうまく表現しているかと思います。

 

・付属品

IMG_2170 IMG_2171

口元は妙にリアルで、付け替えることによって臨場感を出してくれます。しかし珍しいですね、頭部ではなく口元だけって。

IMG_2173 IMG_2174

嬉しいのがやはり対サメ用バットスプレー。作り物と丸わかりなチープなサメに噛まれたときはやはりコレ。 

IMG_2175 IMG_2176

そしてもうひとつ嬉しいのがもちろん爆弾。この作品で一番印象的なシーンといえば、やっぱり爆弾のシーン。TVシリーズだからこそ見られるバットマンの右往左往が笑いを誘います。果たして演出上カップルとアヒルは必要だったのか。 

IMG_2177

タイトルロゴ入りの台座。 

IMG_2178

 

・顔パーツ差し替え 

IMG_2181 IMG_2183 IMG_2187 

なんというか、ホットトイズだからこそ出来るクオリティ。本家バットマンがよく歯をむき出した顔しますが、これも負けじ劣らずの迫力。

 

・以下ポーズ

IMG_2188

敵を殴るとコミカルなSEが流れるバットマン。 

IMG_2189 IMG_2190

シンボルマークにバットラングがあるだけで、やっぱりバットマンなんだよな・・・と思ってしまいます。 

IMG_2191 IMG_2193

対サメ用バットスプレー。ロビンのときも言いましたが、はしごがほしかった。 

IMG_2195 IMG_2196

バットラジオはロビンにも付属しているので、二体揃えれば劇中のシーンを再現可能になります。 

IMG_2197 IMG_2198 IMG_2199 

最後はもちろん、あのシーン。この写真だけでもわかるとおり、ふざけてるようにしか見えないんですが、実際こんな感じです。ツッコミを入れたくなります。

 

総評

可動フィギュアというのは劇中のシーンを再現してなんぼだと思うので、印象的なシーンを再現出来るアイテムが付属しているのはとても嬉しいです。

フィギュアも出来もホットトイズならでは。無理な可動をさせなければ安心してガシガシ遊べて楽しい商品だと思いました。

 

コメントを書く